育児ストレス 太る

知っておきたい栄養素のお話

 

 

ヒトが生きていく上で必要な栄養素は炭水化物、タンパク質、脂肪三大栄養素です。

 

しかし、炭水化物を摂っても、それだけではエネルギーとしてうまく代謝しないということで、ビタミン、ミネラルが加わって五大栄養素となりました。

 

そしてさらに、体内では消化されないからと、それまで見過ごされてきた食物繊維6番目に加わったのです。

 

これらの栄養素と同様に私たちの生命を維持する上で大切なものがあります。
それが酵素なのです。

 

身体の中にある酵素

 

酵素には、消化をサポートする消化酵素と基礎代謝などをサポートする代謝酵素が存在していて、このふたつを合わせて潜在酵素と呼びます。

 

『潜在酵素』

 

酵素をつくる能力は、一人一人遺伝子によって決まっていて限界があります。
その人間が固有に持っている、一生のうちで作れる一定量の酵素のことを潜在酵素といいます。

 

『消化酵素』 これは文字通り消化のための酵素

 

私たちが食べた食べ物は、口の中で咀嚼されますが、このとき、唾液の中にあるアミラーゼによって、デンプンが分解されます。

デンプンというのは、ブドウ糖が数珠つなぎになっているようなイメージですが、このデンプンのままでは、身体が吸収してエネルギーとして使えなません。そこでアミラーゼが数珠の玉を一つ一つに分けていきます。

 

その一つになった玉がブドウ糖です。 

 

『代謝酵素』 身体の代謝に必要

 

@吸収された栄養をを体中の細胞に届けて、有効に働く手助けをする。(新陳代謝)
A毒素を汗や尿の中に排出する。 (有害物質の除去)
B体の悪い部分を修復し、病気を治す。(自然治癒力)
C免疫力を高める。

 

身体の外から取り入れる酵素

 

『食物酵素』 

 

加熱されてない生の食べ物や、発酵食品には酵素があります。
その食物酵素の含まれた食べ物を加熱された食品と一緒に食べると、消化が助けられます。

 

食物酵素が入っている食べ物

 

・生の食べ物 → 野菜、果物、生の肉・魚など。
・発酵食品  → みそ、納豆、ぬか漬けなど。

 

 

消化酵素・代謝酵素・食物酵素の関係

 

酵素を作る能力には個人差があり、限りがあります。

 

食べ過ぎている人は消化酵素を大量に使用します。

 

消化酵素も代謝酵素も出所は同じなので、消化酵素ばかりを使っていると、
代謝酵素のほうが不足してきます。

 

なので、身体の代謝が悪くなって痩せにくくなるというわけなのです。

 

酵素は人間を含む動物にとってなくてはならないモノ

 

酵素を補うには2つの方法があります。

 

@「体内で作る」
A「食べ物から摂取する」

 

Aの食べ物から摂取する場合に、問題点があります!
それは、現在の食品は、加熱・殺菌・消毒などの加工を施される場合が多いので、食事から獲れる酵素の量が少なくなってしまっているのです。

 

ですから、いくら食べても酵素摂取量が不足します。
そこでこれを体内の酵素だけで補うことが必要になってくるわけですが・・・。

 

しかも、体内の酵素は加齢により、徐々に落ちてしまうのです。

 

なぜ、体内酵素料が急激に減少してしまうのかというと酵素の働きに原因があります。

 

酵素には色々なことに関係する役割があります。
その働きごとに体内で分けあって使われているのです。

 

酵素の働きの偏りをなくして、スムーズな働きをしてもらう為には
酵素類を十分に補給して、加齢とともに不足する体内酵素を捕らえる必要があります!!

 

効率よく酵素を補う方法はこちら